社会生活不適合者の徒然腐り

社会生活に適合できない人が、思ったこと等を綴ったりするブログ。

新感覚企画。

 新感覚(かどうかはわからないが)な企画として、web絵本というものを考えついた。本当は小説を書くのが面倒だからなのだが、まあ経緯はどうでもいい。とにかく、何らかの創作を載せていくことこそが重要であるという考えに基づき、唐突だが企画をスタートさせてみたというところだ。
 記念すべき第一作は、どこかで聞いたことがある響きだが、「かえるのえほん」というタイトルにしてみた。なお、本企画に於いてはいくつかのルールというか方針というかを設けることにする。
 一つ、事前にプロットなどは練らず、その場のノリで書いていく。
 二つ、……何も思いつかなかったのでルールは一つにする。
 以上を踏まえ、以下から企画を開始することにする。

表紙

今ではないいつか、ここではないどこか。
とある池に一匹のかえるが生まれました。
かえるは、生まれたときからかえるでした。
かえるのお母さんはかえるに名前をつけました。
レオナルド・ヴィンセント・ハインリッヒ・ヴァン・ノーランド・セキシュウサイ。
かえるは、長いのでかえるでいいやよ思いました。
1pe-ji
かえるは生まれたときから、自分には使命があるとしっていました。
わるいあくのだいまおうをやっつけるという使命を。
「おかあさん、一日も経ってないけどいままで育ててくれてありがとう。」
「ぼくは、いかなくては。」
「おお、レオナルド(ry」
「きっと無事にかえってきておくれ。」
「だいじょうぶだよおかあさん。このとうさんのかたみのオノがあれば。」
こうして、かえるは旅立ちました。
あの燃える太陽のような、アポロンのオノをもって。
2pe-ji
旅立ったかえるに、おそろしいまものがおそいかかります。
「きさまをまおうさまのもとにはいかせん!」
「ささをよこせ!」
「ぼくはわるいスライムじゃないよ!」
「3対1とはひきょうものめ!これでもくらえ!」
強化されたオノむそうの前では、たくさんのまものもひとたまりもありません。
「まいったー」
「まいったー」
「……」
3pe-ji
そして、ついにかえるはまおうのところにたどり着きました。
「おまえがゆうしゃか。」
「いや、ぼくはかえるだ。」
「そうかそれはすまん。」
「おまえがまおうか。」
「いかにもわたしがまおうだ。」
なんと、まおうはおそろしいヘビのまものでした。
「ならばたおす。」
「ふははは、かえるがへびに勝てるものか!」
その通り。かえるではヘビには勝てません。
まおうが舌をだしながらかえるに近づいてきます。
4pe^ji
「蒼天魔斬!!」
強化された一撃の前では、まおうも無力でした。
いかにヘビがかえるに強くても、それは丸腰での話だったのです。
あわれまおうはまっぷたつ。
こうして、せかいに平和が訪れました。
「卑怯なり、かえるよ……」
まおうが言い残したことばは、かえるには届きませんでした。
saigo
こうして世界をすくったかえるは、大金をてに入れて幸せになりました。
そして、まおうをたおしたアポロンのオノは最強の武器として後世に伝わりました。
めでたしめでたし。


 ……私は一体何をしているのか。とにかく何かを書くことが大事なのだと自分を納得させて、この記事は締めさせて頂くことにする。

ja

自己紹介2

 前回の記事だけでは、私がカスであるということがわかるだけな気がしたので、追加で色々と紹介することにした。
 まず、私の最終学歴は某国立大学の教育学部国語科卒である。なお、教員になるつもりは一切なく、「センター+小論文のみだから」という理由で受験、入学を決めた。その結果、必修となる興味もない教科や教育実習に苦しめられることになったが、そこでとある教授と出会えたことは、私にとって人生で最良の出会いの一つと言っていいだろう。その方は去年亡くなってしまったが、私の考え方に多大な影響を与えた方であった。本人は私にこうはなって欲しくはなかったであろうが。
 次に私の数多ある趣味を羅列し、その解説?を簡単にしていこう。
・絵を描く
 小学生レヴェル。
・歌を唄う
 下手の横好き。カラオケに行く相手がいないのでもう何年も行っていない気がする。
・魚釣り
 本格的なものではなく、上州屋等の安物の竿に安物で出来合いの仕掛けをつけるだけのもの。後述するアクアリウムの生体確保が主目的。
・アクアリウム
 釣った魚等を水槽に入れるだけ。水草を入れても数週間で消えうせてしまう。現在は90cm水槽にコイ、キンブナ、ギンブナ、ヘラブナ、モツゴ、ドジョウ、ブルーギル等がいる。
・ゲーム
 我が人生に於いて恐らく最も多くの時間を割いたもの。現在は主にドラゴンクエスト10をプレイしている。そのうちゲーム実況をする予定。
・読書
 というか漫画を読む。色々読む。活字は一時期文学史に出てきた作者のものを読むということをしていたが、やたらと性行為云々の話が出てきて辟易として止めた。物書きを志していてこれはどうなのか。
・音楽鑑賞
 といっても上の歌を唄うとほぼ同義。聴いているとどうしても唄ってしまう。男性ならBUMP OF CHICKENやLOST IN TIME、女性ではアツミサオリや川本真琴等が好き。しかし3年前くらいから新譜を買っていない。
・物を書く
 好き放題書くのが好きなので随筆が一番向いている気はする。だが物語を書けないと生きてはいけないイメージ。
・インターネット
 俗にいうまとめ民。2chやニコニコ動画のコメント等の内輪の盛り上がりに参加できない。
・動画鑑賞
 主にゲームの実況動画を見る。
・野球
 するのも好きだが小学生以下。見るのは父の影響で巨人好き。一番好きな投手は澤村拓一、一番好きな野手は小笠原道大。
・ギター
 ギターとベースでそれぞれ一曲だけ(一応)弾ける。
・ミリタリー
 G26とM93Rのガスガンを持っている。サバイバルゲームに参加してみたいが、着ていく服と持っていくメインウェポンがない。
 今現在思いついたのはこんなところか。一応ネット上では性別を伏せてはいるのだが、これでは隠す意味がない気がする。どの道近い未来に実況動画で明かす予定ではあるが。
 最後に、我が家の水槽の画像をアップしてこの記事は終了とさせて頂こう。なお、文体はそのときの気分によって変わる可能性があることをご了承頂きたい。いきなり丁寧語になったとしても書いているのは私に相違ないのである。
KIMG0001
ja

自己紹介

 私はドラゴンクエストⅩをプレイしている。アカウントは一つで、キャラは3人。クール(オーガ)、サラ(ドワーフ)、フウリ(エルフ)。
 all
クールは文字通り私の分身として作ったが、性別は一致しているとは限らない。キャラクターの作成から両手剣以外の武器スキルを使わない(ヤリとツメにそれぞれパッシブ分から余る3pを振ったことはある)という徹底ぶりで、職業は戦士、バトルマスター、まもの使いが最高LVであとはパッシブ分。
 sara
サラは元々は盗賊用として作ったキャラクターだが、今ではクールと同じように両手剣職だけLVを上げて武器スキルも両手剣のみとなっている。どうしてこうなった。
 huuri
フウリは元々はエルフの片手剣のモーションが格好良いという理由で作られたが、行く行くは両手剣に再振りされる運命である。しかし、現状は育成が追いつかずに二刀流のままである。
 ここまでお読み頂いた方ならば既にお気づきであろうが、私は両手剣が好きだ。モンスターハンター4では、闘技場も含めて出撃は大剣100%で、生産武器の大剣は派生途中のものも含めて全て持っているくらいだ(私が引退する時点で作成可能なものに限る)。女の子がでかい剣を持っているのはまさに浪漫である。
 ゲームの話はこれくらいにしよう。現在の私は所謂フリーターと呼ばれる存在に属している。私は社会不適合者なので、定職には就けなかったということだ。ちなみに今の私の夢は、「生涯働かない」ということだが、経済的にも憲法的にも実現はかなり厳しいので、せめて好きなこと(ゲームと物書き)で生計を立てられないかを模索しているところである。なお、目標とする生活水準はかなり低めなので、その道で大成功する必要がないということは救いであろうか。
 では、具体的に今現在どういう行動をしているのかを書いてみる。ゲーム制作(Livenovel使用)がメインだが、全然進んでいない。小説はもう二年くらい続きを書いていない。ブログを始めた。日銭を稼ぐためのアルバイトに応募したが、何の連絡も来ない。
 うん。社会不適合者とかではなく、ただのカスだなこれは。カスの脱却を目指して頑張る所存である。皆様もよろしければ応援をお願いしたい。
njamena
livedoor プロフィール
ご意見・ご質問・ご感想等は下記のメールアドレスへ
(☆を@にしてご送信を)
satokolove☆hotmail.co.jp
ツイッターでもおk
https://twitter.com/koolniconico
記事検索
アクセスカウンター

ドラゴンクエスト10オンライン・攻略ブログ